お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー

J-ILA 日本国際語学アカデミー

函館校・京都校・福岡校

入学願書のダウンロード

日本の節分

1        

2月3日の節分(せつぶん)について

節分(せつぶん)という言葉(ことば)は、「季節(きせつ)を分(わ)ける」「季節(きせつ)の変(か)わり目(め)」という意味(いみ)があります。 季節(きせつ)の変(か)わり目(め)とは、立春(りっしゅん)立夏(りっか)立秋(りしゅう)立冬(りっとう)のことで、その前日(ぜんじつ)が節分(せつぶん)と呼(よ)ばれています。一年(いちねん)の始(はじ)まりの「春」(はる)、春が始まる立春(りっしゅん)の前日(ぜんじつ)に「これから始(はじ)まる、新(あたら)しい一年(いちねん)が、不幸(不幸)や災(わざわい)いがない一年(いちねん)になりますように」と願(ねがい)いを込(こ)めて、一年(いちねん)に一度(いちど)、節分(せつぶん)をこの時期(じき)に行(おこな)うのです。 昔(むかし)から季節(きせつ)の変(か)わり目(め)は魔(鬼)(おに)が来(く)ると考(かん)えられていて、年(とし)の初(はじ)めに魔(ま)を払(はら)う意味(いみ)で一般的(いぱんてき)には「福(ふく)は内(うち)、鬼(おに)は外(そと)」と声(こえ)を出(だ)しながら福豆(ふくまめ)(炒(い)り大豆(だいず))を撒(ま)いて、年齢(ねんれい)の数(かず)だけ(もしくは1つ多く)豆(まめ)を食(た)べる厄除(やくよ)けを行(おこな)います。また、最近(さいきん)は食(た)べると縁起(えんぎ)が良(い)いとされている恵方(えほう)まきを食べる習慣(しゅうかん)もあります。
  •  豆を撒く(まめをまく)

52一般的(いっぱんてき)に「炒(い)った豆(まめ)」を撒(ま)きます。豆(まめ)は、「魔(ま)を滅亡(めつぼう)させる」の意味(いみ)で「魔滅(まめ)」のことから鬼(おに)がきらいなものと言(い)われています。 当時は、「拾(ひろ)い損(そこ)ねた豆(まめ)から芽(め)がでると災(わざわ)いが起こる」という言(い)い伝(つた)えがありました。 もし、拾(ひろ)い損(そこ)ねた豆(まめ)があっても芽(め)が出ないように。という気持ちから、炒(い)った豆(まめ)で撒(ま)きます。 豆(まめ)を食(た)べる6  節分(せつぶん)に福豆(ふくまめ)を食(た)べるという風習(ふうしゅう)には「福(ふく)」を身体(からだ)に取(と)り入(い)れることで一年(いちねん)の健康(けんこう)を願(ねが)う。という意味(いみ)があります  

食(た)べる豆(まめ)の数(かず)

節分(せつぶん)の日(ひ)に食(た)べる豆(まめ)の数(かず)は年(とし)の数(かず)だけとも年(とし)の数(かず)プラス1個(こ)とも言(い)われています。「年(とし)の数(かず)だけ豆(まめ)を食(た)べることで、年齢(ねんれい)と同(おな)じ数(かず)だけ福(ふく)を身体(からだ)に取(と)り入(い)れる」とされています。

恵方(えほう)巻(ま)き

  43                   大阪(おおさか)を中心(ちゅうしん)として行(おこな)われる太巻(ふとま)きを食(た)べる風習(ふうしゅう)。 恵方(えほう)を向(む)いて巻(ま)き寿司(ずし)を食(た)べるから恵方(えほう)巻(ま)きを呼(よ)びます。恵方(えほう)を向(む)いて無言(むごん)で願(ねが)い事(ごと)を思(おも)い浮(う)かびながら切(き)らずに丸(まる)かじりします。恵方(えほう)を向(む)いて食(た)べることで縁起(えんぎ)がよくなると言(い)われています。